共に業界の未来を担う外国人介護人材メディア『ケア・いろ』 » 外国人介護人材の受け入れに関するトピック » 外国人介護人材の紹介サービスを手掛ける会社 » ネクストシェアリング

ネクストシェアリング

ネクストシェアリングは、国内外で自立支援介護の教育や普及に努めている企業です。その事業の中から、外国人介護人材紹介事業について、その特徴をまとめてみました。

ネクストシェアリングの特徴

ベトナム・インド北東部で
自立支援介護を学んだ人材を輩出

ネクストシェアリングでは、ベトナム、インド北東部の人材に自立支援介護の基礎を学んでもらい、日本国内へ紹介する事業を展開しています。

ベトナムについては既に全国各地の介護施設への配属の実績があり、「国際・アジア健康構想協議会」における技能実習のベトナムモデルケースとして人材還流事業を推進しています。

日本で介護人材として働き、後に母国へ戻って介護施設や病院で働くことを念頭に置いています。これらの実績があることから、自治体主催の説明会での講演なども行っており、ノウハウと知識が豊富な会社と言えるでしょう。

なお、技能実習生の教育や環境について興味があれば、ベトナムやインドへの視察ツアーへ行くことも可能です。実際に目で教育の現場を見て、実習生の技能や姿勢を確認した上で受け入れを検討するのもよいでしょう。国内でも、既に技能実習生が配属された介護施設の見学会も行われています。

入国前後に自立支援の基礎教育を実施

技能実習生には、導入講習として日本への入国前・入国後にそれぞれ自立支援の基礎教育を実施しています。この講習を実施したあとの調査では、自立支援介護をしっかりと理解し、日本で働いてそのスキルをしっかりと身につけたいという意志をもつに至っていることがわかっています。

明確な目的をもって日本へ入国する人材は、就業後も熱心学習勤労が期待でき、メリットが大きいと言えるでしょう。

またネクストシェアリングでは、日本で学んだ知識やスキルを母国で活かす場の開拓を進めており、日本での実習から母国への就業までの一連の流れをサポートする体制づくりを進めていることも、有能な人材にとって魅力的なものではないでしょうか。

ネクストシェアリングの対応国・対応制度

ネクストシェアリングの費用

技能実習生の受け入れに必要な費用として、同一業務を行う日本人と同等水準賃金のほか、事前教育費や実習生監理費などの監理団体へ支払う費用が必要と説明されています。なお、住居費に関しては、事前の説明と同意があれば、実習生の給与からの控除が可能と記載されています。

ネクストシェアリングの利用者の声

公式HPに記載がありませんでした。

他の外国人介護人材紹介
サービスも見る

ネクストシェアリングの基本情報

会社名 ネクストシェアリング株式会社
所在地 東京都稲城市平尾2-1-13
電話番号 050-5490-7404
URL https://www.nextsharing.jp/