共に業界の未来を担う外国人介護人材メディア『ケア・いろ』 » 外国人介護人材の受け入れに関するトピック

外国人介護人材の受け入れに関するトピック

外国人介護人材を受け入れるための4種類の在留資格の特徴やメリット・デメリット、受け入れフローや関係機関を網羅的にご紹介します。併せて、利用者と地域の理解をどう得るかについても、ご説明します。

外国人介護職員の在留資格4種類の特徴と
メリット・デメリット

外国人介護職員を受け入れるための在留資格は、技能実習1〜3号特定技能1号EPA介護福祉士候補生在留資格「介護」の4種類。これらの在留資格の特徴と受け入れフロー、メリットとデメリットについて、それぞれご説明します。

外国人介護職員の在留資格制度の
メリット・デメリットとは?
詳しく見る

外国人介護職員の受け入れを理解してもらう
ためのポイントとは

外国人介護職員を受け入れを成功させるには、上司や同僚となる日本人スタッフ、利用者やその家族の理解を得ることが重要です。外国人スタッフの受け入れに際して想定される懸念点や、問題を回避するポイントなどをご紹介します。

外国人介護職員の受け入れを
理解してもらうには?
詳しく見る

外国人介護職員の受け入れ準備に必要なこと、注意したいこと

外国人介護職員の受け入れに際してのマインドセット生活仕事環境整え方についてご説明します。日本人にとって当然のことが、外国人スタッフにとっては必ずしもそうでないことを念頭に、お互いが成長できる環境を準備しましょう。

外国人介護職員の
受け入れ準備に必要なこととは?
詳しく見る

在留資格別・外国人介護職員の受け入れ費用の内訳と相場を知ろう

外国人介護職員の受け入れに必要な費用について、在留資格別にご説明します。受け入れに必要となる費用は、在留資格のタイプによって、また日本語能力や介護技術の習熟度によって、またサポートを外部委託するかどうかによって異なります。

外国人介護職員の受け入れ費用は
どれくらいかかる?
詳しく見る

外国人介護人材受け入れのために利用したいマッチングとは?

留学生や特定技能1号外国人を受け入れて、働きながら介護福祉士の国家資格を取得してもらうための、マッチングの方法コツをご紹介します。併せて、厚生労働省や各自治体が手掛けるマッチング支援事業について、ご説明します。

外国人介護人材受け入れのために
利用したいマッチングとは?
詳しく見る

介護分野の技能実習生の受け入れをサポート
する監理団体とは

技能実習生の受け入れを検討する施設は、まず監理団体への入会が必要になります。実習生の募集・選考や実習中の監理など、監理団体が行う一連の業務、監理団体の要件、監理団体を選ぶ際の注意点などについて、ご説明します。

介護分野の技能実習生の受け入れを
サポートする監理団体とは?
詳しく見る

特定技能1号の介護職員を全般的にサポート
する登録支援機関とは

登録支援機関は、雇用者に代わって義務的・任意的支援を行う存在。特定技能1号の外国人介護職員の入職をサポートし、日本に適応できるよう支えます。登録支援機関の業務内容や要件登録支援機関選択のポイントなどをお伝えします。

特定技能1号の介護職員を
全般的にサポート
する登録支援機関とは?
詳しく見る

EPA介護福祉士候補生制度の唯一の調整機関JICWELSとは

国際厚生事業団(JICWELS)は、政府開発援助や経済連携協定に関する事業を手掛ける公益社団法人。EPA福祉介護士候補生制度における唯一の受け入れ調整機関です。JICWELSの業務と、候補生受け入れフローをご紹介します。

EPA介護福祉士候補生制度の唯一の調整機関
JICWELSとは?
詳しく見る

送り出し機関は介護分野の技能実習生受け入れに欠かせない存在

送り出し機関の業務内容や要件、送り出し機関を選ぶ際の注意点をご紹介します。技能実習生の募集や選考、教育や実習中のサポート、帰国後の就労支援やフォローアップなど、送り出し機関が技能実習制度果たす役割は多岐にわたります。

介護分野の技能実習生受け入れに
欠かせない送り出し機関とは?
詳しく見る